読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ボーン・コレクター(上)」を読んで

著者ジェフリー・ディーヴァー、訳者池田真紀子さんの「ボーン・コレクター(上)」を読んだ。
文庫は文春文庫である。
この本はアメリカを舞台にしており、科学捜査を使って捜査をしていく本格的なものだ。
今は文庫本になっているが、単行本では1999年になっている。
ということはその年以前の知識が入っていることになる。 つまり、今とは違うだろうということだ。
読者がどう捉えるかは分からない。
だけど、私にとって、科学捜査を使ったミステリーは新鮮なものであり楽しめた。
アメリカの雰囲気を味わいたい、科学捜査を使うミステリーとはどんなものだろうかと文章を通して、味わいたい人にはおすすめだ。

「回想のシャーロック・ホームズ」を読んで

著者アーサー・コナン・ドイル、訳者深町眞理子さんの「回想のシャーロック・ホームズ」を呼んだ。
文庫は創元推理文庫である。
これはホームズシリーズの第2の短編集である。
シャーロック・ホームズという人物について謎が多いがこの短編で少し知ることができるのだ。
私はホームズシリーズを読んできて、興奮したものだった。
そして、宿敵のモリアーティー教授の登場がある。
「緋色の研究」と「四人の署名」、「シャーロック・ホームズの冒険」しか私は読んでいないが、この短編集をホームズファンなら読む価値はあると思う。

「魍魎の匣」を読んで

著者京極夏彦さんの「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」を読んだ。
本は講談社文庫だ。
私は驚いたことがある。
文庫本といえば、300~400ページとあるだろう。
多くて500ページといったところだ。
ページ数が多くなれば、上下巻にわかれるものだ。
これは違う。 1000ページとある。
あまりの分厚さに驚いたものである。
前作の「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」より増えている。
本を並べて、見比べると分かるだろう。
これは「姑獲鳥の夏」を面白いと思えた人は読むべきだ。
面白さもあるが、なんというか薄気味悪さ、気味悪いと読んだ後に思わせる。
また、後味悪いものである。
さっき述べた感想はあくまでも個人的なものだ。
人によって感じ方は違うと思う。
もし読もうと思った方はぜひメモをすることをおすすめする。
メモは登場人物や起きた出来事などを書いていくべきだろう。
メモを取らなければ、苦労するかと思う。
いくら記憶力が良くても限度がある。
後、難しい漢字が出てくるので辞書の用意もお忘れなく。
文面をみれば、批判的にみる方はいるかもしれない。
私の拙い文章なりに伝わればと思い書いている。
京極夏彦さんの作品にはまったものにしか分からない面白さがあると私は思う。
それをぜひ体験してほしい。

「羊たちの沈黙(下)」を読んで

作者と訳者、文庫は前回の「羊たちの沈黙(上)」に書いたので省く。
ついに犯人であるバッファロウ・ビルに下巻で明らかにされる。
ネタバレをするようなことはしない。
まだ読んでことがない人がいるかもしれないのでやめとく。
読んでみて、レクター博士よりクラリスクラリスの上司であるクロフォードたちに魅力を個人的に感じる。
私の中では映画のレクター博士が魅力的な登場人物だった。
だが、その考えを変えさせる。
もし、あなたが読んでみたらどの登場人物が好きでしょうか?

「羊たちの沈黙(上)」を読んで

作者トマス・ハリス、訳者高見浩さんの「羊たちの沈黙(上)」を読んだ。
新潮文庫のものである。
タイトルから聞いたことがある、映画を観たことがあると思った方はいるだろう。
映画のタイトルと同じく、小説のタイトルも一緒なのだ。
私は映画のほうに衝撃をうけ、面白いと思った。
サイトを見てみれば、小説があることを知り、手に取った。
映画を観たことがある人はハンニバル・レクターが印象に残っているのではないか。
映画では伝えきれない登場人物の心情を小説なら、知ることができる良さがある。
もちろん、ムービーも良いものだ。
だが、登場人物の心情を知るのも悪くないと思う。