本を読むことは楽しい

本を読むのは好きですか?

 読むこと自体が嫌だという方はいると思います。 では、なぜ本を読もうとしないのかと考え、好きにならそうと勧めたり、努力をしようとする人はいると思います。

 そうしようとする人は言うかもしれません。 好きな本に出会っていない、面白い本はあるから読んでみてと言うでしょう。 私は本を読むときにどうやって楽しんでいるかを伝えてみるべきだと思います。

 どうやって楽しんでいるかというと自分の頭で読んでいる文章を想像して楽しむんです。 書かれた文章を頭の中に自分だけの妄想を膨らませる。 そして、自分だけの世界を楽しめる時間を作れるんです。 例えば、整った顔立ちをした女性、端正な顔立ちの男性と書かれた文があればあなたの中にあるイメージでこの人とあることでしょう。 このようにイメージを膨らませるといった1つのことで本を読んでみようと思いませんか? あと1つ、想像力が読むことによって豊かになるでしょう。 また1つ文章を意識をして読むと書き方の表現と語彙力を高めることにつながると思われます。