「悪魔のいる天国」を読んで

 作者星新一さんの「悪魔のいる天国」を読みました。

 タイトルのとおり、悪魔が1編か2編くらいだったでしょうか、出ています。

 やっぱり、魅力は数ページで終わるということと難しい言葉を使われていない印象を受けます。 漢字を多様していないところがそんな印象を受けるのかもしれません。

 これこそ誰でも読みやすい小説というべきである。

 話が短いためここが良かったとか、あらすじを書こうにも書けないんです。 私の書く能力が低いからかもしれない。

 読んでほしい話は1編と13編である。