読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「グラスホッパー」を読んで

映画を観て原作を読もうと手に取りました。

 映画と原作のどっちも“グラスホッパー”と題名が同じなんですね。

 映画を観て、原作を読んでの比較をしながら一部書いていきます。

 映画の始まりは鈴木の妻が亡くなり場面から始まるが原作だと鈴木は危ない会社に潜入しているところから始まる。

 多少、比べると少し違うように感じられました。 細かな点ですが。

 結末はここで書くことのようなことは致しません。

 

 話は亡くなった妻を殺した犯人を見つけるため奮闘する物語である。

 この物語の面白いところは独特の殺し屋が出てくる。 自殺屋、押し屋とユニークな名前が出てくるのだ。

 紹介が遅れましたが“グラスホッパー”の作者は伊坂幸太郎です。

 映画と原作も同じく鈴木と鯨と呼ばれる人、蝉と呼ばれる人物の視点で描かれていく。

 初めて伊坂幸太郎さんの作品を読みましたが個人的にテンポの良い文章に感じられます。

 人によっては読点の位置に気になるかもしれません。