「すべてがFになる」を読んで

 森博嗣(もり ひろし)さんの「すべてがFになる」を読みました。

 武井咲綾野剛主演の「すべてがFになる」がドラマをやっていましたがそれの原作です。

 ドラマを見たこともあり、前々から本屋で目にする度に気にしていたので手に取りました。

 他のミステリーと違うのが理系であることだ。

 少々ある分野での知識がない人は何のことだろうと思うだろう。 私もその内のひとりである。

 だが、ずるいところがミステリーのため結末を知りたいとページをめくるのだ。

 最初のほうで書くべきであったが書こう。

 犀川(さいかわ)と萌絵シリーズの第1作である。

 読みたい人はこれから手に取るべきだろう。