読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「魔術はささやく」

 作者宮部みゆきさんの「魔術はささやく」を読みました。

 この物語は守という少年を主人公にしている。

 視点は替わり替わりで語られていく。

 読んでいて、前半で全くどういうことだろうとページをめくっていくのだ。

 後半になって盛り上がってくる。 

 ひとつ、言っておくと“魔術はささやく”とタイトルになっているのか分かるのは最後の部分だ。

 それまで、タイトルに私は騙されていた。

 魔術を使うのか人によるものかと。

 読み終えて自分はアホらしい考えをしていたと思う。 本当にバカだ。

 まぁ、SFのような要素は入っていない。

 それは言える。