「四人の署名」を読んで

 著者アーサー・コナン・ドイル、訳者深田眞理子さんの「四人の署名」を読みました。

 この作品は、「緋色の研究」の次の作品である。

 そして、二作目のホームズシリーズの長編だ。

 始まりは前作でシャーロック・ホームズという登場人物の虜になった人はいないだろうか?

 私もそうだが、衝撃的な場面から始まるのだ。

 前作では語られなかったホームズの一面を知る作品であり、相棒のワトスンにとって喜ばしい場面がある。

 相変わらずに彼の推理は見事なものだと思う。

 このシリーズは老若男女問わずに読んでみて面白いものだと思わせる。

 心を躍らせる作品だと私は言いたい。