「ボーン・アナリスト」を読んで

 著者テッド・コズマトカ、訳者月岡小穂さんの「ボーン・アナリスト 骨を読み解く者」を読みました。

 文庫はハヤカワ文庫だ。

 私は骨に関して、取り扱っている小説を読んだことがないから興味を持って手に取った。

 この小説のジャンルはSFだ。

 手に取った理由はSFだからというものである。

 SFをあまり読んだことがないからであり、読んだ記憶はあるがどんなタイトルでどんな内容だったか思い出せない。

 さて、話は脱線をしたが戻すと価格は1000円以上はする。 これは人によって小説に出していい値段があると思う。

 そこは自分の財布と相談してほしい。

 この小説は人によって賛否両論あるものだと私は感じる。

 私は面白かったと思う。

 内容はぜひ自分の目で確かめてほしい。