「殺しの双曲線」を読んで

 作者西村京太郎さんの「新装版 殺しの双曲線」を読みました。

 この作者は十津川シリーズを書いていることで有名だと思う。

 私は十津川シリーズではなく、双子のトリックを使っているというところに惹かれたのだ。

 本編はアガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」に挑戦している。

 「そして誰もいなくなった」が分からなくても本編で触れられているし、多分こんな作品なんだと想像つくかもしれない。

 知っている人は思わずニヤッと笑ってしまうと思う。

 この本がすごいところが双生児を使ったトリックであると断言しているところ。

 これはヒントが与えられているから分かるだろうと踏んで、読むが最後まで私は分からなかった。

  物語がテンポよく進んでいるからあっという間に読んでしまうことだろう。

  これを読み終えて、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」を読みたくなる作品だ。