読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「羊たちの沈黙(上)」を読んで

作者トマス・ハリス、訳者高見浩さんの「羊たちの沈黙(上)」を読んだ。
新潮文庫のものである。
タイトルから聞いたことがある、映画を観たことがあると思った方はいるだろう。
映画のタイトルと同じく、小説のタイトルも一緒なのだ。
私は映画のほうに衝撃をうけ、面白いと思った。
サイトを見てみれば、小説があることを知り、手に取った。
映画を観たことがある人はハンニバル・レクターが印象に残っているのではないか。
映画では伝えきれない登場人物の心情を小説なら、知ることができる良さがある。
もちろん、ムービーも良いものだ。
だが、登場人物の心情を知るのも悪くないと思う。