「魍魎の匣」を読んで

著者京極夏彦さんの「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」を読んだ。
本は講談社文庫だ。
私は驚いたことがある。
文庫本といえば、300~400ページとあるだろう。
多くて500ページといったところだ。
ページ数が多くなれば、上下巻にわかれるものだ。
これは違う。 1000ページとある。
あまりの分厚さに驚いたものである。
前作の「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」より増えている。
本を並べて、見比べると分かるだろう。
これは「姑獲鳥の夏」を面白いと思えた人は読むべきだ。
面白さもあるが、なんというか薄気味悪さ、気味悪いと読んだ後に思わせる。
また、後味悪いものである。
さっき述べた感想はあくまでも個人的なものだ。
人によって感じ方は違うと思う。
もし読もうと思った方はぜひメモをすることをおすすめする。
メモは登場人物や起きた出来事などを書いていくべきだろう。
メモを取らなければ、苦労するかと思う。
いくら記憶力が良くても限度がある。
後、難しい漢字が出てくるので辞書の用意もお忘れなく。
文面をみれば、批判的にみる方はいるかもしれない。
私の拙い文章なりに伝わればと思い書いている。
京極夏彦さんの作品にはまったものにしか分からない面白さがあると私は思う。
それをぜひ体験してほしい。