「回想のシャーロック・ホームズ」を読んで

著者アーサー・コナン・ドイル、訳者深町眞理子さんの「回想のシャーロック・ホームズ」を呼んだ。
文庫は創元推理文庫である。
これはホームズシリーズの第2の短編集である。
シャーロック・ホームズという人物について謎が多いがこの短編で少し知ることができるのだ。
私はホームズシリーズを読んできて、興奮したものだった。
そして、宿敵のモリアーティー教授の登場がある。
「緋色の研究」と「四人の署名」、「シャーロック・ホームズの冒険」しか私は読んでいないが、この短編集をホームズファンなら読む価値はあると思う。